リハ・モビリティで素敵な人生を

リハ・モビリティを考えた時、出てくる問題のひとつが「移乗」です。

ベッドから車いす車いすから、クルマの座席へ。

介助のプロでさえも、この移乗はとても大変なことです。

“カロニーシステム”は、移乗回数を出来るだけ少なくする事ができるのです。

朝、ベッドからこのカロニーに乗ってしまえば、
夜ベッドに戻るまで移乗せずに生活することが可能なのです。

 その他にも、リハ・モビリティを実現するため
様々なカーアダプテーション、ホームアダプテーション
を提案したいと、日々考えています。

それは、家族や、友人同士で外出し、
同じ時間を同じ空間で共有することの喜び。

そして、その1ページ1ページが
素敵な人生になっていくものだとわたしたちは思っているからです。

The following two tabs change content below.
2005年(H17年)より、本人運転タイプの取扱いを開始。2006年(H18年)より手動運転装置・左足アクセル付車、車いす移動車のレンタカー事業、2007年(H19年)より福祉用具販売・レンタル・住宅改修(介護保険事業)を開始。現在は、後付けの「回転(回転昇降)シート、車いすリフト、スロープ、ステップ等も扱う。 「rehabilitation of mobility」をテーマに、「家の中」そして「家の外」への移動環境をトータルでプロヂュースしている。